• Share to Facebook
    • Twitter
    • Email
    • Print

化粧品とパーソナル・ケア製品の動物実験を終わらせるためのグローバルな取り組みであるヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルのBe Cruelty-Freeキャンペーンは、下記の有名人・著名人の皆様により支持されています。皆様も hsi.org/bcfjapan より、ぜひご賛同ください。

  • リッキー・ジャーヴェイス

    「きらびやかな宣伝ときれいなパッケージングの裏に、化学物質を無理やり喉に流し込まれる動物がいるという醜い真実があるということを考えると、とてもショッキングです。」プレスリリースを読む(英文のみ).
  • レオナ・ルイス

    「製品が売れなければ企業は動物実験をやめるでしょう。そうすれば、cruelty-freeな世界に一歩近づきます。」プレスリリースを読む(英文のみ).
  • メラニー・チズム

    「私は、動物に残虐な行為を伴わない美を常に追求すべきだと思います。新色のリップグロスや新しい香りの保湿クリームは、動物の命を犠牲にするまでの価値はありません。ましてや、世界中において苦痛を伴うような試験で犠牲になっている何千もの動物の命に見合うものでは決してありません。」プレスリリースを読む(英文のみ).
  • ポール・マッカートニー

    「美容製品の動物実験には、このような実験が動物に想像を絶する苦痛を与えるという醜い秘密があります。ウサギやマウスで実験された化粧品のパッケージに、目が腫れあがったり、皮膚がただれた動物の写真を載せれば、消費者は皆動物に対する残虐な行為が行われている製品を商品棚に残し、cruelty-freeな選択肢を選ぶと思います。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • ケシャ

    「本当の美しさは、残虐な行為から生み出されるものではありません。だから、化粧品やパーソナル・ケア製品のために行われる、無力な動物を使った実験を終わらせたいと願っています。ぜひ、私と一緒にHSIのBe Cruelty-Free 思いやりのある美しさキャンペーンに賛同してください。」プレスリリースを読む(英文のみ).
  • リブ・ロー

    「アジア中の実験室で、やさしいウサギなどの動物が、無理やり化学物質を点眼されたり、飲み込ませられたりしていることに心を痛めています。これは許されることではなく、終わらせる必要があります。化粧品の裏で行われている残虐な行為に美しさはありません。」 プレスリリースを読む.
  • クリッシー・ハインド

    「商品を購入する前に、cruelty-freeであるということを確認してください。ラベルに記載がなければ、その商品は買わずに商品棚に戻してください!そうすることでのみ、忌まわしい動物実験を終わらせることができるのです。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • オウェイン・イオマン

    「ウサギは泣くことができないという悲しい事実が、ウサギのようなやさしい動物が苦痛を伴う化粧品のための眼の試験に使われている理由の一つです。彼らに加えられている不必要な苦痛を考えると、私自身涙してしまいます。なので、北米、そして世界中で動物実験を終わらせるために、Be Cruelty-Freeキャンペーンを支持することにしました。」プレスリリースを読む(英文のみ) .
  • ピッパ・ブラック

    「動物実験は醜い行為であり、このような残虐な行為によって動物が虐待され、搾取されることを、一切許すことはできません。化粧品は、我々の外見の美しさを向上させます。意思が強く、賢く、思いやりのある選択をすることにより、我々の内面の美しさも増すことでしょう。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • バージニア・マッケンナ

    「マスカラやシャンプー、その他の化粧品に動物実験を実施することは全く不必要であり、とても残虐な行為です。やさしさや思いやりよりも、このような残虐な行為を選択するのでしょうか。そうであれば、とても恥ずべきことだと思います。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • フェルナンダ・タヴァレス

    「やさしいウサギなどの動物が、化学物質を眼に点眼されたり、喉に流しこまれたりして、苦痛に耐えていることに対して、心を痛めています。文明社会では、動物虐待に美しさを求めてはなりません。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • ジュディ・デンチ

    「実験に動物を用いることは残虐であり、終わらせるべきです。最近は、動物に苦痛を与えない、動物実験以外の試験方法もあります。」 プレスリリースを読む(英文のみ).
  • ジャスティーン・ジェンキンス

    「HSIのBe Cruelty-Free大使に就任でき、大変うれしく思います。化粧品の動物実験を終わらせることに情熱を持っていますので、化粧品の動物実験を終わらせるためのグローバルなキャンペーンをリードしているHSIと共に活動できることを誇りに思っています。多くの人たちと同じように、長い間、化粧品の動物実験は過去のものだと思い込んでいました。なので、この認識が間違っていたと分かった時は、人生を変えるような瞬間でした。」プレスリリースを読む(英文のみ).
  • ジュー・ジュー(朱珠)

    「ここ中国で、ウサギのようなやさしい動物が未だに化粧品の試験のために苦しんでいることに心を痛めています。ですので、思いやりのある化粧品に関するメッセージを広めるために、Be Cruelty-Freeチャイナの大使になることを誇りに思います。」 プレスリリースを読む(英文のみ).

  • Sign Up
  • Take Action
  • Be Cruelty-Free の誓約に署名する の誓約に署名する