• Share to Facebook
    • Twitter
    • Email
    • Print

August 5, 2015

動物実験に対する評価

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル/ヨーロッパ

今日我々が使用している動物実験の中には80年前に確立されたものもあるが、ほとんどの動物実験は正式に評価されていない(例えば、適切な結果が出るかどうか、複数の研究所で評価されている等)。しかし、最も頻繁に使われている動物実験の中には、人間に対する影響の予測力が乏しいというものもあることを示す科学低根拠がたくさんある。以下、その例を挙げる。

眼刺激性試験及び皮膚刺激性試験:

·         アメリカ食品医薬品局(FDA)の調査員らは、14品目の家庭用品の事故による眼への暴露281件のうち、人間の反応を正しく予測できたウサギの試験の結果は5割にも満たなかったとしている。 [1]

·         65品目の消費者製品に対するヒトの皮膚の反応を評価した際、動物実験では、半分近くで正しく予測できなかった。 [2]

·         動物実験は、研究所によって結果や解釈が著しく変動する。24カ所の研究所で実施された試験の結果の比較では、最大100%ものばらつきが認められた。[3]

急性毒性試験(経口投与、吸入投与や皮膚からの投与で実施される場合が多い):

·         化学物質によっては、ヒトの感度は動物の最大2000倍であることが確認されているため、動物実験では人間へのリスクを著しく過小評価してしまう場合がある。 [4]

·         ラットとマウスを使って同じ50種類の化学物質に試験を実施した結果、試験の結果が一貫していたのは65%のみであった。 [5]

·         「従来の急性毒性試験により得られた情報は、医薬開発の過程において、ほとんどあるいは全く価値がない。」[6]

発生毒性試験(ラット及びウサギ両方に実施される場合が多い):

·         ラット及びウサギ双方の試験は、ポリ塩化ビニフェル(PCB)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬やその他の物質の発生毒性を感知することに失敗しており、ウサギを用いた試験は、トルエン、テトラサイクリン、ジエチルスチルベストロール(DES)やその他の医薬品において偽陽性の結果を出している。 [7]

·         同じ化学物質に対して、ラット、マウス及びウサギを用いてそれぞれ試験を実施した結果、試験結果に一貫性が認められたのは74%未満であった。[8

·         二種類の動物で試験を実施することにより、既に高い確率で起こる偽陽性の結果の確率をさらに高めてしまう。[9]

発がん性試験(ラット及びマウス両方に実施される場合が多い):

·         これらの試験では、アスベスト、ベンゼン、ブロモジクロロメタン、タバコの煙、ジクロルボス、リンデン、ジクロロ・ジフェニル・トリクロロ・エタン(DDT)、硫化セレンやその他様々な物質の危険を感知することができず、場合によっては消費者への警告や作業従事者の保護に関する施策に何十年もの遅れが生じた。 [10]

·         同じ化学物質に対して、ラット及びマウスを用いてそれぞれ試験を実施した結果、試験結果に一貫性が認められたのは50%70%であった。 [11]

·         同じ化学物質に対して、異なる研究所が実施した試験結果の解釈に一貫性が認められたのは60%未満であった。 [12]

·         げっ歯類におけるがんに至る生物学的メカニズムの多くは人間には当てはまらない(例: オスのラットの腎臓におけるα2u-グロブリンの蓄積、げっ歯類の肝臓におけるペルオキシゾーム増殖や、ラットにおけるリン酸カルシウムを含む尿の蓄積等)。 [13]

·         げっ歯類は、発がんのリスクが高い臓器を持っており、人間には同等の臓器が存在しない(例: 前胃、ハーダー腺、ジンバル腺等)。 [14]

·         時には、動物に人間の100倍に相当する量の化学物質が投与されることもある(例: ある研究でラットとマウスに投与されたエイラーという農薬のレベルを人間が取りこむためには、10年間、毎日約12,700キログラムのリンゴを食べる必要がある。) [15]

·         一般的に使われている系統のラットやマウスは、被検物質を投与されない「統制群」に振り分けられた動物でも突発的に腫瘍を発症する傾向があり、結果の解釈を狂わせる要因となる。[16]

 

上記に引用している欠点を受けて、医薬品の規制当局らは、動物実験は「最終的に開発を妨げるに至る特定の安全性にかかわる問題を予測できない」ことが多すぎ、前臨床実験(動物実験)を通過した医薬品候補の92%が臨床試験を通過できないと報告している。 [17]


1 Freeberg FE, Griffith JF, Bruce RD, et al. Correlation of animal test methods with human experience for household products. Journal of Toxicology – Cutaneous and Ocular Toxicology 1, 53-64 (1984). 
2 Robinson MK, McFadden JP & Basketter DA. Validity and ethics of the human 4-h parth test as an alternative method to assess acute skin irritation potential. Contact Dermatitis 45, 1-12 (2001). 
3 Weil CS & Scala RA. Study of intra- and interlaboratory variability in the results of eye and skin irritation tests. Toxicology and Applied Pharmacology 19, 276-360 (1971). 
4
 Müller R. Vergleich der im Tierexperiment und beim Menschen tödlichen Dosen wichtiger Pharmaka. Diss. Univ. Frankfurt/Main (1948).
5
 Ekwall B, Barile FA, Castano A, et al. MEIC evaluation of acute systemic toxicity. Part VI. The prediction of human toxicity by rodent LD50 values and results from 61 in vitro methods. Alternatives to Laboratory Animals 26 (Suppl. 2), 617-58 (1998). 
6
 Chapman K & Robinson S. Challenging the requirement for acute toxicity studies in the development of new medicines.  London: UK National Centre for the 3Rs (2007).
7
 Schardein JL. Chemically Induced Birth Defects, 3rd Ed. Rev. New York: Marcel Dekker (2000). 
8 Hurtt ME, Cappon GD & Browning A. Proposal for a tiered approach to developmental toxicity testing for veterinary pharmaceutical products for food-producing animals. Food and Chemical Toxicology 41, 611-19 (2003). 
9 Bremer S, Pellizzer C, Hoffmann S, Seidle T & Hartung T. The development of new concepts for assessing reproductive toxicity applicable to large scale toxicological programmes. Current Pharmaceutical Design 13, 3047-3058 (2007).
10
 Seidle T. Chemicals and Cancer: What the Regulators Won’t Tell You. London: PETA Europe Ltd (2006). 
11
 Gold LS & Slone TH. Prediction of carcinogenicity from two versus four sex-species groups in the carcinogenic potency database. Journal of Toxicology and Environmental Health 39, 143-57 (1993).
12 Gottmann E, Kramer S, Pfahringer B, et al. Data quality in predictive toxicology: Reproducibility of rodent carcinogenicity experiments. Environmental Health Perspectives 109, 509-14 (2001).
13 Cohen SM. Bioassay bashing is bad science: Cohen’s response. Environmental Health Perspecitves 110, A737 (2002).
14
 Cohen SM. Human carcinogenic risk evaluation: an alternative approach to the two-year rodent bioassay. Toxicological Sciences 80, 225-9. (2004). 
15 ACSH [米国科学衛生審議会: American Council on Science and Health]. Of Mice and Mandates: Animal Experiments, Human Cancer Risk and Regulatory Policies. New York: ACSH (1997). 
16
 Haseman JK, Hailer RJ & Morris RW. Spontaneous neoplasm incidences in Fischer 344 rats and B6C3F1 mice in two-year carcinogenicity studies: a National Toxicology Program update. Toxicologic Pathology 26, 428-41 (1998). 
17
 FDA [アメリカ食品医薬品局: Food & Drug Administration]. Challenge and Opportunity on the Critical Path to New Medical Products. Bethesda, MD: FDA (2004).

 

  • Sign Up
  • Take Action
  • Be Cruelty-Free の誓約に署名する の誓約に署名する