• Share to Facebook
    • Twitter
    • Email
    • Print

January 16, 2014

女優・モデルのリブ、「化粧品の動物実験は許されないもの」世界中の禁止に向けてBe Cruelty-Free 思いやりのある美しさキャンペーンに参加

Humane Society International/ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル

  • 化粧品の動物実験を終わらせることを支持するリブ (Alokparna Sengupta/HSI)

シンガポール (2014116日) 国際的な女優・モデルでヨガ愛好者としても知られ、現在シンガポールの5チャンネルで放映されている刑事ドラマの”Point of Entry”に出演しているフライエンターテイメント所属のリブ(Liv Lo)は、アジアと世界において、化粧品の動物実験を終わらせたい理由について熱心に語った。

イタリアで生まれた台湾人の女優であるリブは、今週シンガポールで開催されたアジア・フォー・アニマルズ(AfA)会議というアジア最大級の動物保護関連の催しにおける特別な報道陣向けのイベントにおいて、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルのBe Cruelty-Free思いやりのある美しさアジア・キャンペーンへの支援を表明した。Be Cruelty-Freeは、化粧品の動物実験を終わらせるための史上最大のグローバルなキャンペーンであり、リブは中国、インド、日本、そして韓国におけるキャンペーン関係者の仲間入りを果たした。BCF 台湾ももうじき開始される。

あなたにできること: 動物の苦しみを終わらせるために、グローバルな誓約に署名してください。

リブは、「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルのBe Cruelty-Free思いやりのある美しさアジア・キャンペーンの素晴らしい取り組みを支持し、不必要で非人道的な化粧品の動物実験を終わらせることを支援することを誇りに思います。アジア中の実験室で、やさしいウサギ等の動物が、無理やり物質を点眼されたり、飲み込ませられたりしていることに心を痛めています。これは許されることではなく、終わらせる必要があります。化粧品の裏で行われている残虐な行為に美しさはありません」とコメントしている。

動物を用いた試験の多くは何十年も前に開発されたものであり、これらをしのぐ最先端の動物を用いない細胞及びコンピューターを活用した方法が開発されている。大きな進歩があるにもかかわらず、化粧品のための目や皮膚の試験や強制経口投与による致死試験により、アジア中、そして世界中で、年間50万のウサギ、モルモットやマウス等が苦しみ、犠牲になっている。HSIやその他の関係者のキャンペーンにより、このような動物実験はヨーロッパ、イスラエル及びインドでは禁止された。しかし、化粧品の動物実験は、世界中8割の国において未だに合法的である。

HSIの研究・毒物学部門のディレクターであるトロイ・サイドルは、「リブの支持表明は、化粧品業界から残虐な行為をなくすために、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルとそのパートナーが奮闘しているアジアにおける、Be Cruelty-Free思いやりのある美しさキャンペーンのハイライトです。成果が出始めており、すでにインドにおける化粧品の動物実験の禁止を達成し、動物実験の要件のいくつかを廃止する方向で中国を説得しました。また、韓国においても、動物を使わない試験のデータの受け入れが緩和されました。2014年も、成功を積み重ね、cruelty-free(動物に苦痛を与えない)世の中を築くという目標を達成したいと思います」とコメントしている。

アジア中の動物保護団体の主要な会合であるアジア・フォー・アニマルズは、化粧品の動物実験を終わらせるための自らの役割を認識し、正式にBe Cruelty-Free 思いやりのある美しさキャンペーンへの支持を表明した。AfAの理事でシンガポールのACRES (Animal Concerns Research & Education Society)の最高責任者であるルイス・ンは次の通りコメントしている:

「近年、アジアにおいて、化粧品における動物実験が大きな問題となっています。ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルのBe Cruelty-Free思いやりのある美しさキャンペーンは、化粧品における残虐な行為を浮き彫りにし、政治家、企業、消費者、そしてメディアにこの課題を取り扱ってもらえるような働きかけとなります。まだまだ先は長いですが、世界的に化粧品の動物実験を終わらせることが初めて手に届くようになったと感じており、アジア・フォー・アニマルズは、実験動物のためにBe Cruelty-Freeキャンペーンが達成している様々なことを認識し、喜んでキャンペーンを支持します。」支援するために、今すぐ行動し、寄付をする。

以上

問い合わせ:

Troy Seidle, HSI (113日~117日まではシンガポール): +1 647 236 3889, tseidle@hsi.org

Wendy Higgins, HSI (イギリス): +44 (0)7989 972 423, whiggins@hsi.org

 注釈

Be Cruelty-Free思いやりのある美しさキャンペーンは、世界規模のキャンペーンであり、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、インド、日本、韓国、ニュージーランド及びロシアにおいて化粧品産業の残虐な行為を終わらせるために展開しています。また、Be Cruelty-Free USAは、Humane Society of the United States により展開されています。Be Cruelty-Free台湾も近日中に開始予定です。

リブ(Liv Lo)は、フライエンターテイメントに所属しており、”Point of Entry”において、ソフィー・トーマス 役を演じています。

  • Sign Up
  • Take Action
  • Be Cruelty-Free の誓約に署名する の誓約に署名する

Media Contact List2