• Share to Facebook
    • Twitter
    • Email
    • Print

February 21, 2019

プロクター・アンド・ギャンブルが全世界の化粧品の動物実験の禁止を支持し、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルの#BeCrueltyFreeキャンペーンに参加

Humane Society International

シンシナティ—本日、プロクター・アンド・ギャンブル社 (NYSE: PG)が、2023年までに化粧品の動物実験を全ての主要なグローバルな美容製品の市場で禁止するために、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International)の#BeCrueltyFree思いやりのある美しさキャンペーンへの参加を表明した。

#BeCrueltyFree思いやりのある美しさキャンペーンは、化粧品の動物実験の実施と新たに動物実験された化粧品の販売を禁止した欧州連合(EU)の前例を、これらがまだ許されているまたは法により要件となっている国に広げることを目的として、2012年に開始された。P&Gの#BeCrueltyFreeへの支持は、動物を用いない代替法に関する教育やキャパシティー・ビルディングのための共同プログラム、安全性評価のための動物を用いないアプローチの開発の継続、そして世界のカギとなる美容製品市場において化粧品の動物実験に法的に終止符を打つための活動が含まれる。

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルと全米人道協会(the Humane Society of the United States)の会長のキティー・ブロック(Kitty Block)は、次のように述べている。「このパートナーシップは、我々の#BeCrueltyFree思いやりのある美しさキャンペーンを通して全世界の化粧品の動物実験を終わらせる取り組みにおいて、重要な節目を象徴しています。プロクター・アンド・ギャンブルのような先進的な考えを持つ企業と共に取り組むことにより、この野心的な目標を実現することができます。」

プロクター・アンド・ギャンブルの研究開発イノベーションオフィサー主任(Chief Research, Development and Innovation Officer)のキャシー・フィッシュ(Kathy Fish)は次の通り述べている。「化粧品の動物実験を終わらせる旅において、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナルとパートナーシップを結ぶことをうれしく思います。この目標に向かって、我々の研究者たちがすでに注いでいる情熱と提供している専門性について誇りに思います。彼らは引き続き力となり、我々が共有するビジョンを実現するためのリーダーシップとアドボカシ―を提供してくれると確信しています。」

20年以上にわたり、P&G、HSI、the HSUS、及びthe Humane Society Legislative Fund は、動物を用いない試験方法の開発と規制における受け入れに関して協働してきた。お互いに相補う力を一つにすることにより、より素早く最終目標を実現できる。新たな方法を規制当局に受け入れてもらうことと、動物実験フリーの政策や実践を世界的により多くの企業や政府に採用してもらうということが、最重要点となる。

P&G企業コミュニケーション及び動物福祉アドボカシ―(Corporate Communications and Animal Welfare Advocacy)のハロルド・シュラッター(Harald Schlatter)博士は、次のように付け加えている。「我々は40年以上にわたり、4億2000万ドル以上を動物を用いない試験方法の開発に投資してきています。化粧品の動物実験に代わる方法において、少なくとも25の動物を用いない方法について、我々の研究者が主導するか共同開発しました。HSIとthe HSUSは、これらの方法を世界中に広める際にとても力強いパートナーとして取り組んでくれました。」

HSI研究毒性学部門副部長のトロイ・サイドルは次の通り述べている。「化粧品の動物実験は、動物に不必要な苦痛を与えるだけではなく、時代遅れの科学の象徴でもあります。動物を用いない試験アプローチの開発と規制における受け入れを進めるために、20年以上にわたり、プロクター・アンド・ギャンブルと協働してきましたが、アメリカ、カナダ、ブラジル、チリ、南アフリカおよびその他の影響力の強い市場において提案されている化粧品の動物実験の禁止を法律にするために、P&Gのような業界のリーダーの積極的な支援が必要です。P&Gの家庭用品のブランドの力により、5年以内に全世界において法律で化粧品の動物実験を禁止できると確信しております。」

問い合わせ:

プロクター・アンド・ギャンブル

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル

  • カナダ: Christopher Paré, 438-402-0643, cpare@hsi.org
  • ヨーロッパ・イギリス: Wendy Higgins, +44 (0) 7989 972 423 (mobile), whiggins@hsi.org
  • アメリカ(グローバル、英語対応のみ): Nancy Hwa, 202-676-2337 (direct), 202-596-0808 (cell), nhwa@hsi.org
  • 日本: Sakiko Yamazaki, syamazaki@hsi.org
 

全米人道協会及びthe Humane Society Legislative Fund

ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International)について
ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル及びそのパートナー団体は、世界最大級の動物保護団体です。HSIは25年以上にわたり、科学、アドボカシ―、教育及び実践プログラムを通して全ての動物の保護に取り組んできました。「世界中の動物に畏敬の念を示し、動物虐待に立ち向かう」ウェブサイ ト― hsi.org

全米人道協会(the Humane Society of the United States) について
全米人道協会は、同業者の評価により、最も効果的な動物保護団体とされています。60年以上にわたり、全ての動物に畏敬の念を示し、あらゆる種類の動物虐待に立ち向かってきました。我々とそのパートナー団体は、動物に直接の救護を提供している団体としては国内最大で、毎年100,000匹以上の動物を直接支援し、アドボカシ―・キャンペーンによりさらに何百万匹もの動物への虐待を防止しています。動物と人のために私たちがもたらしてきた変革について、ぜひご覧ください。HumaneSociety.org

The Humane Society Legislative Fundについて
The Humane Society Legislative Fund は、内国歳入法(IRC)の第501(c)(4)条に基づいて2004年に全米人道協会のロビー活動のアフィリエイトとして別途設立された社会福祉団体です。The HSLFは州および連邦政府レベルにおいて動物保護関連の法律を可決し、動物保護の課題について一般社会を教育し、人道的な候補者の立候補を支援するために取り組んでいます。ぜひ私たちの様々なチャンネルをご覧ください。ウェブサイト-hslf.org, ブログ- animalsandpolitics.com, フェイスブック- facebook.com/humanelegislation, ツイッター- twitter.com/HSLegFund.

プロクター・アンド・ギャンブルについて
P&Gは、Always®、 Ambi Pur®、 Ariel®、 Bounty®、 Charmin®、 Crest®、 Dawn®、 Downy®、 Fairy®、 Febreze®、 Gain®、 Gillette®、 Head & Shoulders®、 Lenor®、 Olay®、 Oral-B®、 Pampers®、 Pantene®、 SK-II®、 Tide®、 Vicks®、 及びWhisper®などを含む高い信頼と優れた品質のリーダーシップブランドによる世界で最も優れた製品ライナップの一つで、世界中の消費者にサービスを提供しています。P&G のコミュニティーは、世界約70か国における事業を含むものです。P&Gとそのブランドの最新のニュースや情報については、http://www.pg.com をご覧ください。