• Share to Facebook
    • Twitter
    • Email
    • Print

Be Cruelty-Free は、日本で化粧品の動物実験を終わらせるためのキャンペーンです。ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International)とそのパートナーと共に、残虐な化粧品の販売を終わらせるよう日本政府に働きかけるために、お手伝いください。


 

News

  • February 6, 2017

    정부, 주요 화학안전관리 법안 개정 및 제정 앞두고 동물대체시험

    국제동물보호단체 휴메인 소사이어티 인터내셔널 (Humane Society International, HSI)은 환경부의 화학물질의 등록 및 평가 등에 관한 법률(이하, 화평법) 개정법률안과 생활화학제품 및 살생물제 안전관리법(이하, 살생물제법) 제정 입법예고안에 대하여 동물대체시험 확산과 지원을 위한 핵심적인 노력이 전혀 반영되지 않았음을 지적한 의견을 6일 제출했다. 정부는 입법예고에 대한 의견을 2월 6일까지 받고 있다. HSI가 제출한 의견의 주요내용은 유럽과 미국의 관련 법에서는 규정되어 있지만 국내 법안에서는 언급 정도에만 그치는 ▲ 동물실험을 최후의 수단으로 할 것을 시험의 원칙으로 명문화하고 ▲이미 존재하는 시험자료 공유가 원할이 되도록 지원하여 산업계에서 추가 비용과 시간을 들여 반복적으로 동물실험 하는 것을 방지하고 ▲국제적으로 검증된 최신 대체시험법의 신속한 채택하는 내용이 법안에 포함되어야 한다는 것이다.

  • October 21, 2016

    台湾が化粧品の動物実験を禁止

    化粧品の動物実験を終わらせる法律を可決させ、台湾が化粧品の動物実験に終止符を打つグローバルな動きに加わった。王育敏議員と莊瑞雄議員により提出された法案は、台湾の化粧品衛生管理条例(Control for Cosmetic Hygiene Act) を改正するものであり、化粧品の完成品と原料双方に対する動物実験の実施を禁止するものである。

  • September 28, 2016

    全国規模の意識調査により、日本の消費者が化粧品の動物実験に終止符を打ちたいと感じていることが明らかに

    日本における意識調査により、化粧品の動物実験に関する現状などの情報を提供された後、この残酷な行為を禁止することを支持する消費者が約7割と過半数を占めることが明らかになった。

  • September 21, 2016

    欧州連合では化粧品に新たな動物実験のデータを使用することは禁止されているが、 それを弱めようとする業界の動きが裁判所の判決により阻止された―

    欧州司法裁判所は、本日、欧州連合(EU)における化粧品の安全性の担保のために、2013年3月以降EU域外において実施された動物実験の結果に頼ることを明確に禁止する判決をもって、EUの2013年の化粧品の動物実験の実施と動物実験された化粧品の商取引の禁止を強固なものとした。

More News
  • Sign Up
  • Take Action
  • Be Cruelty-Free の誓約に署名する の誓約に署名する